正しい敬語をマスターしよう
正しい敬語の使い方

敬語の基礎からバイト編・ビジネス編などTPO別の敬語の使い方を解説

注意したいこと
メールの「To」は、宛先の事です。
あなたが送信したい相手のアドレスを入力します。
複数指定出来る場合もあります。

その場合は、
受信側が他の「To」を
参照出来ることを覚えておきましょう。

また、「Cc」これは、
「同報」です。

直接、メールの内容を宛てたわけではないが、
「知っておいて欲しい」人を入れる欄です。
ビジネス上、使うことが多いと思います。

これも受信側が他の
「To」と「Cc」を参照することが出来ます。

そしてあまり馴染みのない「Bcc」、
ここにアドレスを入力した人にもメールは届きます。

ですが、「To」と「Cc」でメールが届いた人は、
「Bcc」のアドレスを参照することは出来ません。

「Bcc」でメールが届いたことがわかる人は、
「発信者」と
実際に「Bccでメールを受け取った人」
に限られます。

これは、
受信側のプライベートを守るための機能だと考えましょう。

昨今多いトラブルの一つとして、
「携帯電話のメールアドレス変更時」の
「お知らせメール」が挙げられます。

""A""という人が、
""B""と""C""という友人に
「メールアドレスを変更した」ことを知らせたくてメールをしたとします。

ですが、""B""と""C""は
直接見知ったわけでもない間柄だとしましょう。

もし""A""が、二人のアドレスを
「To」欄に入れてメールを送信してしまえば、
見知らぬ二人のアドレスが互いに公開されてしまうことになります。

これは「Cc」欄を用いても同じです。

そこで、
役に立つのがこの「Bcc」です。

""A""は、
自分のアドレスを「To」欄に入れ、
「Bcc」欄に友人二人のアドレスを入力すれば良いわけです。

これで、本文によって送信者が""A""であることが伝われば、
「メールアドレスを変更した」事は伝わります。

しかも、
""B""と""C""はそれぞれ
「誰にメールが送られたのかわからない」状態で受信だけは出来るわけですから、
見知らぬ二人のアドレスが公開されることはないわけです。

この「Bcc」を知らない人が結構いるようです。
是非、活用してください。

UP▲

~「メール編」へ
~TOPへ


Copy right(C)
正しい敬語の使い方
All Rights Reserved.