正しい敬語をマスターしよう
正しい敬語の使い方

敬語の基礎からバイト編・ビジネス編などTPO別の敬語の使い方を解説

基本的なマナー
ビジネス上のTPOであれば、
それは電子化された「連絡文書」になります。

誤字脱字はもちろん、
先に述べた「上下関係にまつわる敬語」に
不備がないようにしたいものです。

さらには、
ビジネス上においてはこのメールの「やり取り」が
業務上の重要な「ログ」として保存されます。

互いの受信記録や送信記録が、
そのまま業務の進捗度の記録となります。

また、ビジネス上のメールにおいては「署名」は不可欠です。

企業によっては定型で用意されていたりすると思うのですが、
そうではない場合でも、
対外的な交渉には「署名」を付加して送信するようにしましょう。

この「署名」は
お使いのメールソフトで設定出来るはずです。

また、「メールアドレス」というものは
「記号一文字違い」が存在し得ます。

初めてメールを送る相手のアドレスは、
しっかりと確認するようにしましょう。

アドレスを間違えて送信してしまった場合、
そのアドレスがこの世に存在しなければ
エラーで返送されてきますが、

存在するアドレスの場合は
間違った相手に届いてしまうことになります。

UP▲

~「メール編」へ
~TOPへ


Copy right(C)
正しい敬語の使い方
All Rights Reserved.