正しい敬語をマスターしよう
正しい敬語の使い方

敬語の基礎からバイト編・ビジネス編などTPO別の敬語の使い方を解説

起こし文章と結び
手紙の構造を再度確認しましょう。

1.頭語
2.時候の挨拶・安否伺い
3.起こし文章
4.本文
5.結びの言葉
6.結語
7.日付
8.署名
9.宛て名
10.脇付

「起こし文章」とは、
「さて」や「この度は」など、
本文へ移るためのきっかけとなるフレーズです。

「結びの言葉」とは、
「とりあえず、●●まで」
のように本文を締めくくる言葉です。

ここには前項でご紹介した
季節の挨拶も用いることができます。

如何でしょうか、
TPOに則した手紙を書くことができるでしょうか。

昨今では「直筆」の手紙も少なくなっています。

お世話になった人や
なかなか会うことの少ない友人に、
送ってみては如何でしょうか。

最後に手紙の「例」を載せますので、
参考にしてください。

拝啓

若葉の候、
ますますご発展のほどお喜び申し上げます。

さて、この度は
「敬語」の記事を執筆させて頂くことになりましたことを、
ここに御報告いたします。

このような拙作ではありますが、
皆様の今後の生活に役立つことを心より祈っております。

それでは、取り急ぎご参考までに。

さわやかな季節です、
いつにも増して活動的に過ごしてください。

敬具

x/x ●●
△△様 貴下

UP▲

~「手紙編」へ
~TOPへ


Copy right(C)
正しい敬語の使い方
All Rights Reserved.