正しい敬語をマスターしよう
正しい敬語の使い方

敬語の基礎からバイト編・ビジネス編などTPO別の敬語の使い方を解説

頭語と結語とは
「頭語」は、
手紙の切り出しで相手への敬意を表します。

締めくくりの「結語」と対になり、
TPOによって使い方に決まりがあります。

また、
年賀状や寒中見舞い、
暑中見舞いや残暑見舞いなどの
季節の挨拶には、
頭語・結語は用いてはいけません。

弔辞の手紙、詫状・抗議文にも
付けてはいけないことになっていますので
注意しましょう。

注意したいのは、
「拝啓」や「一筆啓上」などには
「謹んで申し上げます」という意味があります。

「拝啓 謹んで一筆啓上申し上げます」
などと表記すると
重複になってしまいますので、
気を付けてください。

頭語と結語は
TPO別に使い分ける必要があります。

丁寧に付けたつもりでも、
場違いなフレーズを引用してしまうと、
逆効果になってしまいますから、
次項でしっかりと確認しましょう。

UP▲

~「手紙編」へ
~TOPへ


Copy right(C)
正しい敬語の使い方
All Rights Reserved.