正しい敬語をマスターしよう
正しい敬語の使い方

敬語の基礎からバイト編・ビジネス編などTPO別の敬語の使い方を解説

電話を受ける時-1
電話を受ける際は
3コール以内に出るようにしましょう。

しかし、
1コールも鳴り終わらないうちに
出てしまうことは避けましょう。

「暇な会社なのか」
と思われてしまうかもしれません。

3コールを超えてしまった場合、
最初に「お待たせいたしました」を付け加えましょう。

先に紹介した挨拶をし、
用件に入りましょう。

もしあなた宛の電話でない場合、
取次ぐ必要があります。

その際に最も重要な「情報」は
先方の「名前」です。

これは電話を取った際に
しっかりメモするようにしましょう。

「●●商事の■■様ですね、いつもお世話になっております」
とあえて相手の名前を復唱する出かたもオススメです。

もし最初の名乗りが聞き取れなかった場合、
「失礼ですがもう一度お名前を頂戴してもよろしいでしょうか」
とクッション語を挟んで質問しましょう。

UP▲

~「ビジネス電話編」へ
~TOPへ


Copy right(C)
正しい敬語の使い方
All Rights Reserved.