正しい敬語をマスターしよう
正しい敬語の使い方

敬語の基礎からバイト編・ビジネス編などTPO別の敬語の使い方を解説

電話をかける時-1
「会社」での電話は、
受けるだけではありません。
こちらから「かける」こともあるでしょう。

その際も
しっかりとメモは手元に置いてください。

そして、
かける際にまず留意することは「時間帯」です。

電話をかけても迷惑にならない時間かどうか、
気にしましょう。

繋がった先が間違いないことを確かめたら、
まずは会社名、
そしてあなたの名前、
その後には必ず
「いつもお世話になっております」を付けます。

もし夜の7時以降であれば、
「夜分遅くに申し訳ございません」
を付け足します。

「夜分遅くに申し訳ございません。(○○様のお電話でしょうか)
■■商事の△△と申します、いつもお世話になっております」

といった具合です。

""()""の中は、
相手が「はい○○です」と
最初に応えてくれた場合は不要です。

UP▲

~「ビジネス電話編」へ
~TOPへ


Copy right(C)
正しい敬語の使い方
All Rights Reserved.