正しい敬語をマスターしよう
正しい敬語の使い方

敬語の基礎からバイト編・ビジネス編などTPO別の敬語の使い方を解説

接待
T:アフター5
P:社外
O:接待

企業対企業の関係にはよくありがちです。
いくらアフター5でも、相手は仕事上の取引先。
仕方がありません、それも「仕事」の一部です。

・取引先""A""部長
「今日は無礼講でいいかな?」

・上司""C""
「はい、よろこんで。お注ぎいたします」

・取引先""B""社員
「このような席を設けて頂いて、誠に恐縮です」

・あなた
「わざわざお越し頂いたのですから、今日は遠慮なさらないで、
楽しんで頂けると私どもも幸いでございます」

・上司""C""
「A部長、結構お酒がお強いと伺っておりますが」

相手を楽しませるのであれば、
堅すぎても「つまらない」と思われてしまいます。

しかしフランクに接し過ぎると「生意気だ」となります。
非常にデリケートな場面です。
このような場面でも基本は崩さないようにしましょう。

UP▲

~「ビジネス実践編」へ
~TOPへ


Copy right(C)
正しい敬語の使い方
All Rights Reserved.