正しい敬語をマスターしよう
正しい敬語の使い方

敬語の基礎からバイト編・ビジネス編などTPO別の敬語の使い方を解説

上司への謝罪
T:勤務中
P:社内
O:業務上の失敗を謝罪する

会社勤めをする以上、
失敗の一つや二つは起こすかと思います。

「失敗をした」ことよりも、
「それに対して自らどのようなフォローをしたか」が問われるはずですが、
もちろん「謝罪の仕方」によっても
上司のあなたへの心象は変わります。

・上司
「先方の○○様からクレームを頂いたが、どういうことだ」

・あなた
「申し訳ございません」

・上司
「原因はなんなんだ」

・あなた
「A社の○○様が『納品は○○へするように』
とおっしゃいましたので、その通りにしたのですが・・・」

・上司
「日付を間違えたのか」

・あなた
「特に日付に関するご要望は頂いておりませんでした、
申し訳ございません。再度お伺いするべきでした」

「社内」においての会話でも、
「先方」に対しては敬意を払います。

この場合、
「目の前の上司」と
「先方」に対するそれぞれの敬意が必要になります。

もちろん「叱る側」の上司も、
「先方」に対しては敬意を払います。

UP▲

~「ビジネス実践編」へ
~TOPへ


Copy right(C)
正しい敬語の使い方
All Rights Reserved.