正しい敬語をマスターしよう
正しい敬語の使い方

敬語の基礎からバイト編・ビジネス編などTPO別の敬語の使い方を解説

取引先にて
T:勤務中
P:取引先
O:商談

ビジネスマンの最も緊張すべきOです。
先に紹介したルールを用いた敬語が飛び交う場となります。

・先方""A""部長
「御社のシステムはとても良質ですね」

・あなた
「お気に召して頂けたようで、大変嬉しく思っております」

・先方""B""社員
「つきましては、お見積もりをお願いしたいのですが」

・あなたの上司""C""
「それに関しては私が担当させて頂きます」

・先方""A""部長
「導入方法に関して不明な点は、どなた様にお伺いすればよろしいですか」

・あなた
「それに関しましても""C""が承ります」

・あなたの上司""C""
「今後ご連絡させて頂くにあたっての窓口は、どなた様がご担当なさいますか」

・先方""A""部長
「ここにおります""B""が担当させて頂きます」

・あなたの上司""C""
「それでは、以後は""B""様にご連絡差し上げますので、
どうぞ宜しくお願いいたします」

如何でしょう。
尊敬語と謙譲語の使い別けのポイント、
わかりますか?

互いに、「自社」に関しては
謙譲語・丁重語、

「他社」に対しては
尊敬語を用いています。

UP▲

~「ビジネス実践編」へ
~TOPへ


Copy right(C)
正しい敬語の使い方
All Rights Reserved.