正しい敬語をマスターしよう
正しい敬語の使い方

敬語の基礎からバイト編・ビジネス編などTPO別の敬語の使い方を解説

自社と外部
まず、最初に
「尊敬語」と
「謙譲語」の区分をつけるため、

「こちら側」と
「相手側」の
区切りをはっきりと認識してください。

相手先企業や顧客に対しては、
常に「あなたの会社」が「こちら側」です。

ですから、
「弊社」や「私ども」と表現します。

例えあなたの会社の部長といえど、
「相手側」に対しては
「○○部長です」とは紹介しません。
「部長の○○です」と紹介します。

取引先の担当者が訪問し、
「○○様(部長)と面会したいのですが」
と案内を請われた時、

もし不在であるのであれば、
「あいにくと○○は席を外しておりまして・・・」と返します。

先方に対する呼び方での「呼び捨て」に、
怒る上司はいませんから安心してください。

また、「相手側」が企業である場合、
「御社」と表現します。

例え相手方の担当者が
あなたよりも明らかに若い人だったとしても、
必ず謙譲語を用います。

基本的に、
企業と企業の折衝の際には、
互いにこのルールに則った敬語を用いるはずです。

UP▲

~「ビジネス実践編」へ
~TOPへ


Copy right(C)
正しい敬語の使い方
All Rights Reserved.