正しい敬語をマスターしよう
正しい敬語の使い方

敬語の基礎からバイト編・ビジネス編などTPO別の敬語の使い方を解説

「から」の間違い
「1000円から、お預かりします」

レジでの清算時、
この「金額」+「から」
という表現はよく耳にします。

「から」という言葉は「各助詞」といい、

「〜から〜まで」というように
""起点""を表す場合に用いたり、
「〜だから」という意味で用いられるものです。

その他にも、
「準体詞」として
「様々な語に付属させ""体言化""する」
という用法もあります。
「やると言ったからには、諦めない」

レジで用いられる""から""は、
金額を体言化していると考えられます。

「体言」というのは「名詞」のことです。
意識として、
「断定せずにぼかす」意味合いが込められているようですね。

消費税の導入時から、
お札を出した後に
「小銭」を支払う顧客が増えて来ました。

「小銭はお出しにならなくてもよろしいですね」
という意味が込められているのだと考えられます。

UP▲

~「バイト編」へ
~TOPへ


Copy right(C)
正しい敬語の使い方
All Rights Reserved.