正しい敬語をマスターしよう
正しい敬語の使い方

敬語の基礎からバイト編・ビジネス編などTPO別の敬語の使い方を解説

授業中にトイレに行きたくなった時
T:授業中
P:教室
O:トイレに行きたい

人間ですから、このような状況は有り得ます。
本来であれば
「休み時間」に用を足しておくべきでしたので、
あなたに責がありますが、
この場合は先生も認めざるを得ないはずです。

ですから、
少しでも授業の妨げにならないよう、
クラスメートが黒板に解答を書き出したり、
皆で問題を解く時間等、
授業の区切りを見計らって切り出すのがいいでしょう。

・あなた
「先生」

・先生
「どうかしましたか?」

・あなた
「もよおしてしまったので、お手洗いに行きたいのですが、よろしいでしょうか」

「もよおす」とは
""口語文""では○○(寒気等)を兆すという意味になります。

""何を""という
主語を省いていますが、
その後の「お手洗い」という単語で
何をもよおしたかは推測出来ます。

「おしっこがしたい」
よりも丁寧な言い回しですね。

ちなみに「お手洗い」は美化語ですね。
「よろしいでしょうか」も
基本的な敬語の疑問分です。

社会に出てからも使う場面は多いですから、
覚えておきましょう。

「授業中」という「T」であれば、
学生であっても
この程度の言い回しは必要だと思います。

先生も「ダメです」とは言えないでしょう。

UP▲

~「学校編」へ
~TOPへ


Copy right(C)
正しい敬語の使い方
All Rights Reserved.